おからダイエット レシピ・効果・おからクッキーのTOPに戻る

簡単 痩せる方法 食事制限は「太ります」今すぐやめてください!

痩せる方法 甘いものをお腹いっぱい食べて寝ただけで・・いきなり5分後、ウエストと下腹が−4cmに?!

「満腹になるまで食べて」たった1回5分「寝ている」だけで自然に体重が減る!って本当?!

ダイエット>>革命的ダイエット法はこちら


おからダイエットで注意すること

おからダイエットは、おからに含まれる食物繊維や美容に効果的な成分が含まれているので、ダイエットもできて、健康にもよいダイエット方法といえます。
しかし、良い面ばかりでなく、注意が必要な点もあるので、おからダイエットを実践する場合には、注意点も理解して行うようにした方が良いでしょう。

おからダイエットは、市販品のダイエット食品を代用して行う事も可能です。
しかし、通常のおからを購入するよりも市販品は割高なので、経済的に負担となる場合もあります。
また、スーパーでおからを購入した場合は、傷みやすいので購入後、冷蔵庫に入れ賞味期限のうちに調理して食べきるようにします。多めに購入して賞味期限のうちに食べられないようなときは、食べきれる分量に小分けして、冷凍庫で保存すると良いでしょう。
その他には、購入したら乾煎りし、水分を飛ばしてから冷凍保存する方法もあります。


そして、おからダイエットでおからを調理するときの注意点があります。

おからの特徴は、水分や油分などの吸収力です。
おからを油で炒めようとするとほとんどの油を吸収してしまいます。これでは、せっかくの低カロリーのおからが油をたっぷり含んだ高カロリーになってしまいます。

おからそのものの味は、淡白でほとんどないと言ってもよいほどなので、いろいろな調味料などで味つけをして使用しますが、このときに分量と注意しなければ、高カロリーになってしまう可能性があります。また、おからを調理して販売されている市販品もありますね。

ですが、おからダイエットを実践しているからといって、おからばかり食べていると健康によくありません。偏った食生活は健康に影響を与えます。
またおからには、食物繊維が豊富に含まれているので、体質によっては、食物繊維の影響で下痢を招く場合もあり、鉄分の吸収を妨げ、貧血気味になると美容にも影響し危険です。


おからダイエットを実践していても、一日に摂取するおからの量は50グラム前後に留めておきましょう。

おからダイエットは、美容にもよく健康にも配慮できるダイエット法ですが、おからの摂取に仕方を十分に理解して実施しないと、健康を害する結果になる場合もあるので注意が必要です。
スポンサードリンク

関連コンテンツ

おからクッキーの種類

おからダイエットは、おからの良い部分を活用したダイエット方法です。 おからダイエットによく用いられているおからクッキーには、おからのよい成分に加えて、さらに健康や美容効果が期待できる成分を一緒に・・・

おからクッキーダイエットのメリット

おからダイエット、女性の間でも話題のダイエット方法です。 注目を集めているのは、おからクッキーをおやつや主食の代わりに食べるという気軽さが、多くの女性に受け入れられた理由のひとつのようです。 ・・・

おからダイエットとおからクッキー

おからダイエットに用いるおからは、栄養が豊富で食物繊維も含まれており、健康にも役立つ食材です。 おからダイエットを実践する際に、手軽で役に立つものにおからクッキーがあります。 おからクッキーは・・・